ウィッグをどれにするか迷ったときに考えること

今のヘアスタイルに不満を持っているからではなく、他の髪型にするとどういう印象になるのか興味があったというのもあります。
顔の輪郭、目の大きさ、あらゆることが髪型に影響されると思っています。
でも詳しい知識がないので、こういうヘアスタイルならこういう印象になるということを知りません。
詳しくて教えてくれる人もいませんので、あくまで自分でどうにか考えたりするくらしか出来ません。
長いまま出来ることならいいのですが、短くしてからやっぱりやめておけばよかったとなってもどうにもなりません。
それこそ伸びるまでウィッグを被るとかってことにもなりかねません。
ですので、いろいろ試してみたい、ただ純粋にそう思っただけです。

フルウィッグより前髪ウィッグからスタート

いきなりフルウィッグでもいいんですが、装着する時間やお手入れのことも考えて、最初は前髪ウィッグだけでもいいかなと思ってます。
前髪といってもサイドもついてるのが結構あるので、かなり変われると思います。
つむじがついてるのがいいかどうかは迷うところですが、今のところなしでいいかな。
その場合は、境目に不自然さがでないように工夫がいりますね。
カチューシャ、帽子などで隠すしかないかな。

ハーフウィッグで前髪以外は覆ってしまう

次はハーフウィッグもいいなって思ってる。前髪は地毛を活用するか、そこも部分ウィッグにしてしまうかです。
今は前髪との境目が手植えになってたりするのもありますから、例えばリネアストリアとかチャテだったかな、そういうのがあったと思います。はっきりした情報ではないのでご了承下さい。
暑さのことも考えると、この2つくらいで今はいいかな。
そして次にフルにしようかな。

何を求めてウィッグを買うかぶれないように

なぜ自分はウィッグを買おうと思ったのかはきちんと考えておこうと思う。
でないと、予算も変わってくるから。
自分の場合は、安いのでもいいんですが、やはり自然さにはこだわっていきたいと思ってる。
ばれないか心配するのが嫌だからです。まあ性格的なところもありますが、人の目を変に気にしてしまうところがあります。
間違いなく、誰も見てないんでしょうけど、自意識過剰なんでしょうかね。

どこで買うかはまずは楽天を見るのが早いかな。数が圧倒的ですし、そこでレビューを見ていくとどこが人気ショップか分かってくるでしょうからね。
それに私はランキングが好きなんです。ランキングとレビュー見てるだけで、どんどん時間がたってしまいます。
コスプレする気はないですが、友達とかが楽しそうにしてるのとを見るとちょっと羨ましいかな。

ロング、ショート、そしてミディアムといった長さはもちろん、ウェーブにボブにみんながブログとかでおすすめしてるのを手当たり次第にチャレンジしてみたいと思ってます。
医療用ほど自然でなくてもいいから、まずは使える金額を決めてから考えよう。

7月半ば蒸し暑い!ウィッグとカラコンのこと

もう梅雨があけたのか分かりませんが、カラっと晴れる日もあるし、まだ蒸し暑いなって感じる日もあります。
蒸し暑い日にウィッグはよほど通気性のよいものか、部分ウィッグでないときついかもしれませんね。
プリシラとかのも快適だって話は目にしますよね。値段は1万円いかないくらいの価格ですが、あまり安いのはやっぱりそれなりの質なのかなと思ってしまいます。

今日も特に予定がないので、今はネットでいろいろ調べてるところではありますが、韓国カラコンのセンスマニアも良いなって思ってみてるんです。
クラッシーシリーズが人気があるようですね。大きいだけでなく、デザインも盛れるだけでなく、いろんな要素が満足できるものでないと、これだけの種類があるカラコンの中で人気を維持するのは難しいでしょうからね。
この前のバンビーナもうそうですが、ロングセラーにはわけがあるってところでしょうか。

どうも最近も体調が良くないのは、ちょっと神経質な性格もあってのことかもしれません。それは分かってるのですが、気になりだすと、どうにも気になって仕方ないんですよね。
もうちょっと気分転換できる方法を模索しないといけないって思ってます。

韓国カラコンと呼ばれる類をどう思う?

人によって考え方は違います。
カラコンについても最初から危険だからつけないという考え方もあるでしょうし、大丈夫だから着けるって人もいるし、すごく慎重になって神経質になってしまうけど、着ける人もいたりいろんな人がいることでしょう。
どれが良いかということではなく、考え方ですから、周りがどうこう言うことではないですよね。

例えば韓国カラコンについても、好んで着ける人と避ける人がいるでしょう。
確かにいろんなネットの情報がありますから、その影響を受けることもあるでしょう。
しかし、本当にそれが正しい情報なのかというのはよく分かりません。
私もネットで情報を得ることがありますが、あまりにも意見が分かれるようなこととなるとあまり考えすぎないほうがいいと思うこともあります。

韓国カラコンというと、どうしても危険なイメージを持ってる人もいるでしょう。
確かにどんなカラコンでも危険度は多かれ少なかれありますから、どう判断するか難しいところではあります。

最近はあまり新しいブランドを見かけないような気がします。
かなり前から販売されているのが引き続き人気なのかと思ったりしますが、それだけロングセラーになってるものとなると大丈夫なのかと思うこともあります。

カラコンが危険だと感じる時

ネットの情報はどれが本当か分からないときがあります。いろんな個人的な感想や意見を書いているわけですから、信憑性のある口コミを見つけることは簡単ではないかもしれません。
それはどんな商品、サービスであってもそう感じる時があります。
ではカラコンについて考えて見ます。
カラコンもデザイン面だけでなく、着け心地に関して言及してるコメントも多く見られます。
ゴロゴロしない、乾燥しない、長く着けてても大丈夫だったという良い意見もあれば、その逆で、ゴロゴロするし乾くし、目薬必須みたいなコメントもあります。
ではどちらが真実なのでしょうか。
これは主観ですから、どちらも真実といえるでしょう。
どちらの意見もあるということは、結局、自分が着けた場合にどうかというだけですので、あまり参考にならないかもしれません。
そして、怖いのが、そういう口コミでみんなが大丈夫だといってたりすると安全だと思ってしまうことではないでしょうか。
でもやっぱりカラコンが危険なのはネット上でもいろんな声が出ています。
もちろんそれでつけないとう選択もありでしょうけど、そこは自分自身できちんとケアするとうことで着けるのもいいでしょう。
実際にワンデーを短時間つけるだけでも気分もかわりますし、楽しみも増えるのではないかなと思ったりします。
とにかく徹底的にケアすることを心がけるようにしないと後になって嫌な思いをするのは嫌ですからね。

あとは昔からか知りませんが、今は通販で手軽に買えるようになったのも良い面と悪い面がありますよね。良い面は手軽さですが、悪い面は怖さを意識することがないという点が挙げられるのではないでしょうか。

だって、アクセサリーをつけるオシャレかのような手軽さですし、安いのもありますからね。

カラコン通販について

ナイトアイボーテ以外の二重美容液はどうでしょう

二重美容液と呼ばれているものもたくさん発売されています。ナイトアイボーテはその中の一つであり、他にもたくさんあります。ドロップアイズとかもそうですよね。
ただ、中身はもちろん違うわけで、接着成分が入っているかどうかも違いの一つであります。
価格もかなり違いますから、続けれるにこしたことはありませんが、安くて効果がありそうなのというのは正直どれかよく分かりません。
二重のりというものは、接着成分でまぶたにくせを定着することを目的としているわけですが、果たしてこういう接着成分なしに一重が二重になることはあるのでしょうか。
くせがついてくることはあるかもしれませんが、それもプッシャーなりである程度サポートしてあげないと無理なような気がするのは私だけかな。

恐らくですが、効果の違いは必ずあるでしょうけど、どれが合うかは肌のタイプにもよる可能性はありますよね。

肌に付けるものですから、化粧品全てにいえることではあります。

カラコンにしても、人の目によって合うカラコンもあれば合わないので着けれないということもあるでしょう。
口コミで賛否分かれるのはそういう理由もあるでしょうね。

二重美容液の話に戻りますが、中には、5,000円ほどするのもあったと思います。
短期間で効果が出るようなものではないでしょうから、それを続けれる余裕がある人しか無理かもしれませんね。
もしそんな短い期間で何らかの効果が出るのなら嬉しいことではありますが。

ナイトアイボーテについてはこちら

梅雨の季節のウィッグとメイクのこと

6月も中旬に入り、地域によってはすでに梅雨に入っているようです。
どうりで蒸し暑いし、じめじめするし、変な汗がでてくるわけです。

この季節になると服もちょっと迷ってしまいます。色もそうですが、デザインなどもそうですね。
ウィッグについても同様で、さすがにこの蒸し暑さとなると正直ロングのフルは厳しすぎるかもしれません。
ならばポイントウィッグでというのが今の時期はいいかなと。前髪だけとかポニテとかお団子とかそういうのですね。
これだけ暑いのにオシャレのためにとはいえ、我慢するのも表情に出るでしょうから、あまり好ましくないと思われます。
メイクにしても、今は紫外線が強い時期ですから、今のことだけを考えずに、もう少し長い目で考えないといけないかも。
紫外線の影響でシミが出来るのは知られていますが、実は何年も前に浴びた紫外線の影響が今になってあらわれることは珍しくないようなのです。
なので、今がんばるかどうかで数年後の肌の状況が違ってくるということでしょうね。
あとはナイトアイボーテで二重になれたらいいのですが。

目元のオシャレは眉毛とまつげとカラコン

目元の印象が変わるとまるで別人かと思えるくらいに変われてしまうから面白いですよね。
あまりけばけばしくなるのも嫌なんですが、ある程度今時な感じにするのは、どれか一つで考えるより、トータルでみていくにこしことがないでしょうけど、難しい面もありますよね。
眉毛も細いとか太いとか時代によって流行りが違いますが、それよりも山をどこにもってくるかによっても印象ってすごく変わりますよね。
まつげも今はつけまつげも一杯でてますから、ばさばさしてるくらいに盛るのもいいけど、自然なのもいいなって思ったりします。
カラコンについては、これは人それぞれ好みが違いますね。
デカいのがいいか、自然な小さいのがいいか、みんな意見が分かれるところですが、好みですからどれがいいとか悪いとかはないんですけどね。
バンビーナカラコンなら多岐に渡るシリーズで満足を与えてくれるかもしれませんね。
あとは一重か二重かによっても目のくりくり感、可愛らしさも違ってくるのかな。
個人的にはどっちでも似合うようなスタイルを探すのも一つの考え方だと思ってるんですけどね。
ナイトアイボーテが今も人気なようですが、これからもまだまだこの人気は続きそうな予感はしています。

バンビーナカラコンとウィッグとナイトアイボーテのこと

昨日も猛烈に気温が上がったようで、少し外出しましたが、汗がどんどん吹き出てくる感じでした。
毎年5月ってこんなに暑かったかなと思うくらいの暑さでした。
もう少しじめっとして梅雨がくるのかと思うと何だか憂鬱です。
最近はどうも気分がすぐれないのはどうしても趣味といった楽しみがないからかも。
それに今後の予定で楽しみにしてることもないですから、どうしても気分が滅入ってしまいます。
こういうときは物欲で満たすのもいいんでしょうけど、ついつい食欲に走ってしまうことも多いです。
満腹感が分からなくなるくらいに食べ過ぎてしまうこともありますが、ストレス発散ってどうしてもそういう方向に向いてしまうことも多い自分が悲しくもあります。
さて、先日紹介しましたバンビーナカラコンもそうですが、まだまだ根強いなと思うようなシリーズがたくさんあります。
やはり装着感は口コミはあまり当てにならないとは思いますが、ついつい見てしまいます。
そのほうが少しでも失敗は減るとは思いますが、予想外に良かったとか、そういう逆のパターンはなくなりました。
バンビーナには乱視用もありますから、重宝すると感じてる人も少なくないかもね。
カラコン以外ではウィッグでちょっと迷ってますね。
特にこの暑さですから、いっそのことショートで夏を越したいと思うくらいですから、さらにウィッグを被るとなると耐えることが出来るかどうか。
それほど外に長時間いるケースは多くありませんが、ちょっと移動とかで歩くだけでも大変なことになりそうな予感はあります。
最後はナイトアイボーテのことです。
最近見た限りでは届くまでにそれほど日数はかかってないようですが、以前にように予約となる可能性もあるでしょうから、そこは随時チェックしておきたいと思ってます。

ウィッグのカットも勇気が入ります

地毛を自分でカットするのはさすがに怖いですが、ウィッグだからといっても失敗すると使い物にならなくなることもありえます。
だからといってウィッグを美容院でカットしてもらうのもお金がかかるし難しいとこですね。
ブログと見てると、結構自分でウィッグのカットや梳いたりしてる人は多いのかなと感じます。
どのくらいの人がしてるのかは分かりませんが。
ただ、美容室でもどこでもカットしてくれるわけではないんですね。

地毛で切りすぎたりすると、本当に困りますが、万が一にもウィッグを切りすぎてしまったり、ボリュームを抑えすぎてしまったりするとなるのも怖いです。

これは考え方でしょうけど、完全に信頼できるところでお願いするか、少しくらい失敗しながらでも自分でなんとかしようとして、経験を積むか。
もしカットしたり自分でアレンジするのが好きならやってみるのもいいと思いますけどね。
その時はあまり高いのは使わずに、最初は安いのから練習してみるといいかもしれません。

ウィッグの店舗は大阪や東京にはあるね

だいたい人が多いところでないとウィッグの店舗なんて出しても人が来ないでしょうからね。
だからでしょうけど大阪とか東京とか京都とかなんでしょうか、ウィッグの実店舗がいくつかあるのは。
それでもそんなにどこにでもあるというわけではないですけどね。
実店舗だと何がいいってそりゃ試着できるから、そして色を実際に自分の目で見れるからということでしょう。
他にもアドバイスもらえたりするのかもしれませんが、それより何よりさっきの2つが特にポイントでしょう。
だって、ウィッグの失敗ってサイズと色、そして手触りとかも含めて自然さを知ることが出来ないというところに尽きるのではないでしょうか。
田舎もんの私にはそういう場所にいけるだけでも羨ましいとも思いますが、そこはそこで大変なこともあるんでしょうね。
今は通販があるからなんでも買えるようにはなりましたが、なかったらなかったで、その範囲で買うことになってたでしょうから、微妙な感じはします。
膨大な数の中から選ぶことはとてもメリットがありますが、逆に迷ったり粗悪なのを買ってしまったりということも起こりえます。一長一短ってところでしょうか。

ちょっと思ったんですが、やっぱり買ったままよりアレンジしたほうがいいのでしょうか。
結構みんな前髪をきったとか、梳いたとか、長さやボリュームを自分に合うように加工してるようなんですね。
もちろん、それに越したことはないでしょうけど、技術的に簡単に出来るものなのか、何か心得があってできるのかいずれなのでしょうか。
慣れや経験を積むためにもウィッグはいいよね。

ボブウィッグって年齢問わず使えるかな

ヘアスタイルによっては、このくらいの年齢に似合いそうとか、このくらいにはちょっと無理があるかなって思ったりすることがあります。
前髪ぱっつんなんてのはある程度の年齢には厳しいかもしれませんね。
ボブなんかは比較的年齢問わずという印象を持ってますがどうでしょう。
もちろんボブにもいろんなタイプがありますし、前髪をどうするかでも印象は変わるでしょうけどね。
最近はワンレンボブとかよく見かけるかな。
重みがある漢字は落ち着いてる感じもするし、女性らしさもでるでしょうから、前髪をわけてればわかわかしく見えるのではないでしょうか。

そこでロングヘアの人でもボブウィッグは結構使い勝手いいのではないでしょうか。
前下がりのボブとかのも多いですし、顔が小さく見えそうですね。

フルウィッグでも安いのだと2,000円台とかでもあるくらいです。
ただそのくらい安いのは自然さは微妙なところもあるような気がします。
価格が安いということはファイバーにそれほどお金がかかってないのかなと勝手に思っています。
医療用のとは根本的につくりが違うのでしょうか。